1. HOME
  2. 実績紹介
  3. インタビュー
  4. 「誰であっても同じ精度でセット確認を行うことができました。」nondi®お客様インタビュー ハザマ薬局門真店

WORKS

実績紹介

インタビュー

「誰であっても同じ精度でセット確認を行うことができました。」nondi®お客様インタビュー ハザマ薬局門真店

薬剤の在宅医療へのニーズが高まっている中、それ以前から在宅医療に特化した薬局を運営してきた、ハザマ薬局。今回はハザマ薬局門真店の安里薬剤師と山内パートナーから、薬局でのnondi®導入の経緯や導入後の変化についてお伺いしました。

ハザマ薬局門真店待合室

nondi®導入の目的を教えて下さい

山内パートナー:今までは、お薬カレンダーに薬をセットしたあとの入れ込みチェックを目視確認にて行ってきました。そのため、ケアレスミスやイレギュラー対応の漏れなど、スタッフによる精度の差が発生し、またスキルの差による業務のスピード差もあり悩みの種でした。そのため業務改善、特に精度とスピードの統一と効率化は特に改善を要する課題でした。

ハザマ薬局門真店山内健パートナー

nondi®を実際に使ってみてどうでしたか?

山内パートナー:当初は、目視確認の方が効率もよいのではないかと感じるところもあったが、慣れてしまえば店舗内で統一された効率化が目指せる。また、新しいスタッフへの引継ぎや教育も容易であるため、非常に利便性は高い。

ハザマ薬局門真店安里薬剤師

nondi®の使いやすい点、効果が大きいと感じる点はありますか?

山内パートナー:ヒューマンエラーが起こらないので安心です。データとして記録に残るため、先方からの問い合わせに対しても迅速に対応し、情報を提示することがで可能です。従来の写真鑑査で発生していたピンボケや撮影忘れなどのリスクがないです。作業が単純であるため、現場慣れしていない新しいスタッフでもすぐに業務を引き継ぐことが可能であり(誰でも出来る化)、指導スタッフの負担が軽くなりました。

ハザマ薬局門真店山内健パートナー

nondi®の使いにくい点、改善が必要だと感じる点はありますか?

山内パートナー:現状では、セットされている薬の正誤を確認するところに特化していますが、今後チェックの履歴やお薬カレンダーにおける未セット者リストが見れるように、バージョンアップを望んでいます。

nondi®が導入されて業務にどのような変化がありましたか?

安里薬剤師:機械によるチェックのため、安心感が増大しました。以前は施設様より、「薬がカレンダーに入ってない」とご指摘を受けたことがありました。
以前はお薬カレンダーにセット後、写真で画像保管をしていたため、カレンダーに入っていることは確認できましたが、正しい日付でセットされているかまでは確認できませんでした。当該システム導入後は、お薬の正しいセットだけでなく、日付、曜日までサポートしてくれるので安心感につながりました。また、カレンダー鑑査終了までの業務工程が効率化されることにより、時間短縮につながりました。
山内パートナー:お薬カレンダーに入れ込んだ薬のチェックについての作業時間が大幅に短縮されました。
突発事象に対する証拠になるので安心できました。スタッフを選ばず、誰であっても同じ精度で確認作業を行うことができました。

null

nondi®が導入されてスタッフにどのような変化がありましたか?

安里薬剤師:薬剤師が最終鑑査を行う際に、以前はカレンダーへのお薬セット漏れ、入れ間違いなどが見受けられ、やり直しを行うことが発生していましたが、当該システム導入後は抜け漏れやケアレスミスによるやり直し工程が発生なくなりました。そのため、スタッフ全体に精神的余裕が生まれたように感じています。
山内パートナー:リーダー職の視点でみたところ、スタッフ同士の業務フォローが活発になったように見受けられます。それはつまり、スタッフを選ばない業務である(誰も出来る化)ことであり、同時に業務工程の単純化により、想定外のミスが発生しにくい環境となっていることを示すのではないかと思われます。

ハザマ薬局門真店

ハザマ薬局門真店 http://hazama-web.co.jp/pharmacy/kadoma/

実績紹介