Photo Gallery

12月8日に開催された第2回薬局マネジメント3.0セミナーの様子です。

セミナーご参加者の

12月8日開催分のセミナーにご参加された方々の声です。

有限会社馬場薬局 吉原様

アンケート

N株式会社 S様

アンケート

中村薬局 中村純一様

アンケート

有限会社ホワイト企画 坂上公平様

アンケート

A薬局 N様

アンケート

株式会社ドラッグしみず 清水満明様

アンケート

有限会社ゴーダカンパニー 郷田克也様

アンケート

ネオプラスファーマ(株) 富永由美様

アンケート

株式会社メディカルクルーズ 吉川卓司様

アンケート

H薬局 N様

アンケート

狭間研至メッセージ

薬局マネジメント3.0セミナーは
在宅医療薬局経営のスペシャリスト、狭間研至が
実践で使える在宅医療の具体的な経営を学ぶ
セミナーです。

1. 薬局・薬剤師をとりまく現状を知る

・今、薬局業界、薬局・薬剤師はどのような立場におかれているのか?

2. これからの経営戦略を練り直す

・在宅医療にシフトしていく中、どのような戦略が必要なのか?

3. 新しい薬局を作るためのアクションを起こす

・立案した戦略を、薬局現場に落とし込み、どのように実行に移のか?の具体策

4. 自分と薬局にイノベーションをもたらす

・自らが経営する薬局に新しい価値を生み出すための考え方、思考を学ぶ

「在宅医療に経営シフトしたい」

在宅療養支援に取り組むといっても、これまでの調剤業務に加えて、限られた人員で業務をこなすためには、様々な課題があります。
そんな薬局経営者のお悩みを解決すべく、始まったのが薬局マネジメント3.0セミナーです。
これらの薬局が地域医療の担い手として重要な役割を果たす必要性が高いことから、これまでのハザマ薬局で培った在宅療養支援に注力した薬局の経営ノウハウを提供するための、薬局経営のコンサルティングを担う弊社が講座を開催することとしました。
第1回薬局マネジメント3.0セミナー開催以降、 「在宅医療薬局の経営を教えてほしい」という、多くの薬局経営者の要望から、 テーマごとに内容を厳選し、すぐに実践できる具体的なノウハウをお伝えします。

狭間研至プロフィール写真

狭間研至 Profile

門前薬局全盛の時代から在宅療養支援に特化した薬局、ハザマ薬局を経営。そこで培った在宅療養支援薬局の経営ノウハウである「ハザマメソッド」を確立。 2014年に在宅療養支援薬局経営者を支援するため、PHBDesign株式会社を設立。現在まで50社以上の薬局経営支援に関わっている。

  • 肩書

    PHBDesign株式会社代表取締役社長 / ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 / 一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長 / 医療法人嘉健会 思温病院 理事長 / 熊本大学薬学部・熊本大学大学院薬学教育部 臨床教授 / 京都薬科大学 客員教授医師、医学博士

  • 著書

    薬局マネジメント3.0(評言社)/ 薬局が変われば地域医療が変わる(じほう)/ 薬剤師のためのバイタルサイン(南山堂)/ 薬局3.0(薬事日報社)/ 外科医 薬局に帰る(薬局新聞社)/ がんにならないのは、どっち(泰文堂) など
    共著 臨床調剤学(南山堂) / 薬物治療学(化学同人)/ 新IT医療革命(アスキー新書)/ ITが医療を変える(アスキー・メディアワークス)など

日時:2018/11/10(土)
13:00~18:00 4回シリーズ

定員:30名

セミナーに申し込む

薬局マネジメント3.0セミナーの
特徴

こんな方にオススメの
セミナーです

現場で使えるノウハウを
学びたい

これから在宅療養支援に取り組みたいが、運用ノウハウがない方のために、概念や曖昧な表現ではなく、狭間研至が薬局現場で実績を上げてきた実践的な方法をお伝えします。セミナー期間中に実践し、結果を出した参加者もおりました。

在宅療養支援業務効率、利益効率の改善に
つなげたい

在宅療養支援に取り組んだものの、業務効率の悪化、人件費の高騰などで上手く運用できないケースも多いです。限られた人員で効率的に利益を上げる手法をお伝えします。

調剤報酬改定を踏まえ、
これからの薬局経営の
アイデア、戦略を学びたい

現在抱えている経営課題、これから起こりうる課題解決のために、自らどのように分析し、戦略を立て実行に移すのか。そのための手法をお伝えします

在宅療養支援の時代に向けた 薬局経営のノウハウ

数々の実績を上げてきた薬局経営のノウハウをお伝えします。

在宅療養支援薬局へ転換後、高い収益を上げることができた理由

在宅療養支援に取り組むといっても、これまでの調剤業務に加えて、限られた人員で業務をこなすためには、様々な課題があります。 弊社グループ会社ファルメディコが運営する調剤薬局ハザマ薬局では予てから在宅療養支援に特化した薬局を目指してきました。
2011年に8店舗あった中の3店舗の門前薬局を手放し、在宅療養支援に特化した薬局運営に完全に移行しました。
しかし、急速な在宅関連業務の拡大により、社内体制が追いつかず、採算が合わない時期もありましたが、
ICTの活用
居宅療養管理指導の徹底
非薬剤師の活躍

など、在宅療養支援に最適化した業務効率化を試行錯誤しながら進めたことで、在宅療養支援のノウハウが確立され、その後の4年間で売上は1.5倍の規模となりました。
小規模薬局チェーンが今後生き残っていくためには新たな戦略が必要不可欠であるうえ, これらの薬局が地域医療の担い手として重要な役割を果たす必要性が高いことから、これまでのハザマ薬局で培った在宅療養支援に注力した薬局の経営ノウハウを提供するための、薬局経営のコンサルティングを担う弊社が講座を開催することとしました。

これからの薬局運営を悩まれている方はぜひご参加ください。

2007~2016 ハザマ薬局売上推移

2011年から2012年の在宅療養支援特化型薬局移行期では売上が減少しているが、2013年以降にノウハウを確立し、売上は右肩上がりに転じている。

参加者の

第1回薬局マネジメント3.0セミナーに参加された薬局経営者の方々の声を紹介いたします。

今後に向けての検討を行うことの重要性を再認識できた

現在自社で行っていることを整理しながら考えることができた。やはり、上手くいっていることは理屈にあっていることだから上手く行っていることを整理して理解ができた。的確な現状の振り返りと今後に向けての検討を行うことの重要性を再認識できた。

原田 祐希様
中川調剤薬局

実経営に基づいたセミナー内容でとても参考になりました

実経営に基づいたセミナー内容でとても参考になりました。システムかと業務フローの見直しを行い、当社の強みを提供できるように邁進いたします。ありがとうございました。
          

久保 寛和
有限会社久保薬局

普段の業務も見直しになることが多く、気付きが多く得られる会でした

実体験に基づいた内容での研修内容でとても参考になり、在宅医療だけでなく、普段からの薬局業務も見直しになることが多く、気付きが多く得られる会でした。マネジメントの考え方は、改めて考えることで再認識できることがあり役に立ちました。

金高 伸季様
株式会社キンタカ

改めてInnovationを起こすためのモチベーションを上げることができた

Innovation意識を持ったたくさんの経営者に会う事ができた。改めてInnovationを起こすためのモチベーションを上げることができた。ありがとうございました。

村井 俊之様
株式会社エムワン

改めてInnovationを起こすためのモチベーションを上げることができた

薬局3.0と調剤報酬改定、薬剤交付から後の薬剤師の役割を含め、「モノからヒトへ」の考え方をもとに、具体的な業務が見えてきました。これからの課題の一つに、外来の患者さんが在宅になり、診療情報の薬歴と実際の薬歴に食い違いが多いケーズがあったことで、薬剤師も話を聞き出すスキルや信頼を得るためもコミュニケーションスキルも必要と感じました。

Y.K様
K薬局

改めてInnovationを起こすためのモチベーションを上げることができた

在宅医療を推進するに当たり、まだまだ社内体制不備であることを実感しました。こんごは社内の教育制度の見直し、ぶれない経営方針を伝え続けることが大切だと思います。また、参加された皆様の考えや経営状況が聞け、刺激と勇気をいただきました。自社で行えることを一点集中で取り組みたいと思います。

H.K様
K薬局

セミナーの 位置づけ

"薬局マネジメント3.0セミナー"で経営戦略、ノウハウを学び、"薬局3.0実践セミナー"で実際の現場に落とし込むことによって、経営者、現場の薬剤師、調剤事務が総合的に薬局改革に取り組むことができます。

セミナーの位置づけ。薬局マネジメント3.0セミナーで経営戦略、ノウハウを学び、薬局3.0実践セミナーで実際の現場に落とし込むことによって、経営者、現場の薬剤師、調剤事務が総合的に薬局改革に取り組むことができます。

2018年調剤報酬改定を踏まえた
薬局経営の次の一手を考える!

薬局マネジメント3.0セミナー

セミナーに申し込む

参加者特典

特典1:薬局マネジメント3.0セミナー
市場は大きく変化している。薬局・薬剤師が本来もつべき役割と機能を洗い出せば、地域で存在感のある薬局の未来モデルや戦略・戦術が見えてくる。(「BOOK」データベースより)
セミナーの内容理解をより深めるために参加者の方々に無料進呈いたします。

特典2:牛革調特製バインダー
4回に渡るセミナーの資料は全て狭間研至自ら制作しております。その貴重なノウハウ、戦略、データ等膨大な資料を安全保管するための、牛革調特製バインダーを進呈いたします。PHBDesignロゴ入り。

PHBDesign株式会社ロゴ入り、牛革調特製バインダー

セミナー概要

12月23日開催の第1回を皮切りに、薬局を取り巻く社会背景から、これからの経営戦略の立案、意識改革などを
4回シリーズでお話します。
30名の定員に達し次第、募集は締め切り
となります。興味がおありの場合は、お早目のお申し込みをお願いいたします。

開催日時

2018年11月10日(土)13:00~18:00

2018年12月8日(土)13:00~18:00

2019年1月12日(土)13:00~18:00

2019年2月16日(土)13:00~18:00

※参加できない回は後日動画コンテンツで提供いたします。また、代理の幹部や社員の方の参加も可能です。

会場

ファルメディコ株式会社本社研修室 (大阪市北区天神橋1-9-5山西屋・西孫ビル2F map)

参加費

16万円(税別)※4回シリーズ分

定員

30名

対象

在宅療養支援型の薬局経営に取り組みたい、採算性を上げたい薬局の経営者、幹部の方

2018年調剤報酬改定を踏まえた
薬局経営の次の一手を考える!

薬局マネジメント3.0セミナー

セミナーに申し込む

よくある質問

途中の回からでも参加可能です。ご参加できなかった日程の内容は後日動画コンテンツでご提供いたします。
参加費は一律16万円(税別)/1名様となります。ご参加できなかった日程の内容は後日動画コンテンツでご提供いたします。

はい、参加可能です。ご都合の悪い日程では代理の幹部や社員の方の参加も可能です。

個人薬局の経営者の方も参加できます。

できます。弊社薬局経営コンサルタントがお話をうかがい、現状分析を行い、経営改革に着手致します。

2018年調剤報酬改定を踏まえた
薬局経営の次の一手を考える!

薬局マネジメント3.0セミナー

セミナーに申し込む

会社概要

会社名

PHBDesign株式会社

代表

代表取締役社長 狭間研至

資本金

2350万円

設立

2014年

所在地

530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル 3F

事業内容

薬局を始めとするヘルスケア事業・経営に関するコンサルティング業務