GREETING

PHB Designの思い
2004年春のこと。大学院を修了し学位をいただいた私が選択したのは、医局の関連病院への出張、留学、大学での研究の継続という一般的なものではなく、実家の薬局経営という道でした。この非常識な選択は、周囲に大きな驚きを持って受け止められましたが、それから10年と少しが経過しました。

今、振り返って見ても、結構大きな決断をしたな、と思うのですが、自信や確証があったわけではありませんが、これからの地域医療において薬局や薬剤師が変わることは、必須であり、かつ非常に重要なポイントではないかという確信はありました。

その思いを胸に「新しい医療環境の創造」という社是をかかげて、母が興した小さな薬局をファルメディコ株式会社という新しい組織にして活動を始めました。保険調剤を主業務とするいわゆる「調剤薬局」というビジネスモデルは、医薬分業推進という国の大きな後押しもあり、急速に進展しました。医師の処方箋に疑義がないかを確かめ、迅速・正確に調剤し、わかりやすい説明とともに患者さんにお渡しするということは、極めて重要でした。しかし、21世紀に入り、このモデルは陳腐化し、色々なひずみも生まれてきました。

ハザマ薬局という小さな薬局を運営する中で、試行錯誤を繰り返してきましたが、ようやく、超高齢社会において、薬剤師がその専門性をいかしながら、薬物治療の適正化を通じて社会に貢献するということを、企業としての永続性を担保しながら実現できるのではないかという見通しがたってきました。「新しい医療環境の創造」と言い始めて10年あまり。いよいよ具現化の時期に入り、これから、7兆円産業となった「調剤薬局業界」が大きく変わる可能性が大きくなったと考えました。

それらの時代の変化を見据えて、ファルメディコのヘッドクォーターで薬局業務支援にあたってきたメンバーを中心に新しく会社を立ち上げました。というのも、私たちが取り組んできたのは、新しい薬局ビジネス、ヘルスケアビジネスのデザインを通じた新しい医療のあり方のデザインだと考えたからです。

デザインとは色物形をどうこうするということだけではなく、継続性、永続性を持ってみんながハッピーになる社会の仕組みを考えるという側面も持ちます。ファルメディコが切り開いた新しいモデルを、ヘルスケアビジネスをデザインするという観点で捉え直し、広く世に問うていくことで、社是である「新しい医療環境の創造」を具現化していきたい。そのような思いから、Pharmedico Healthcare Business Designという意味合いをこめて、PHBデザインという社名にしました。

PHBデザインのミッションは、日本の薬局が第三世代へとシフトすることを、ファルメディコでの経験を踏まえ実践的にサポートすることで、超高齢社会において社会資源としての薬局をさらに有用なものとし、よりよい地域医療実現の一助となることです。

今後、ファルメディコ、そして、一般社団法人日本在宅薬学会、PHBデザインという三者で医療・教育・ITの仕組みを組み合わせて、より良い医療を具現化し、広めて参りたいと思っております。

私たちの挑戦は、いよいよ、本当にこれから始まります。
これからも、どうぞ、よろしくお願いします!


平成26年12月
代表取締役社長